『KAORI & MISAからのメッセージ』


いよいよ、第四回目を迎える羽衣1011の公演が始まります。

この猛烈に暑いなか、ふらふらしながら(笑)
それでも一リットルボトルの水を片手に
「そらっ、もう一本っ」「わかった、やるぞ!」
と、スポコンドラマのように、稽古している二人です。

だって、一年に一回の大人の文化祭
自分たちの芝居を見つめなおし
夢中で、はじけられる瞬間がいとおしいから
そう!また、私たち、ここに戻ってこられたのです。

普段は、別々のところで活動をしている私たち
他の小劇場のように、年に何回かの公演がうてません。
「次はまだ?」のお声にすぐ答えられなくて申し訳ありません<(_ _)>

でも、別々の場所で生きているからこそ
改めて感じられる、沢山の状況
それを、仕事を持つ女性ならではの、視点で
他にはないお芝居を作り続け
毎年「旬」なヤツラでいたいと思います。

そして!!もちろん今年も!!
この傍若無人な二人組みを
ステキで辛抱強いスタッフが支えてくれています。
さぁ、こちら側の、協力なメンバーは揃いました。
そう!あとは、お客様!!

どうか、
この一年ごとのお祭りに参加して
『羽衣の季節』を感じて下さい。
そして、そして・・・
一緒に歳を重ねましょう〜〜〜♪

劇場でお待ちしております*★* (*^0^*)/\(#^0^#)*★*